WORKS実績紹介

BLUE[S] 高橋宣之写真集
企画本

BLUE[S] 高橋宣之写真集

著者:高橋宣之

「仁淀ブルー」の名付け親ともいえる、高知在住のネイチャーカメラマン高橋宣之氏の仁淀川水系の写真集です。仁淀川を知り尽くした高橋氏が独特の視点で切り取った水、森、光、闇など、私たちが今まで目にしたことがない風景が収められています。

「美しい夕日の撮影に行っても、その夕日を浴びた足元にある木の実を撮る」という言葉どおり、被写体は私たちが見慣れているものであるにもかかわらず、初めて見るような驚きを与えてくれます。高橋氏の自然に対する愛おしい思いにこたえるように、自然界の生き物すべてが、ふだんは見せない美しい姿で現れてくるようにさえ感じます。

こんな素晴らしい風景がすぐそばにひろがっている、高知を自慢したくなる1冊です。

Profile
高橋 宣之|たかはし のぶゆき

1947年高知県生まれ。スペイン政府名誉留学でスペイン美術史を学び、1972年に帰国。高知でフリーランスの写真家となる。80年代後半には「土佐の自然」「仁淀川」などをテーマにした作品を制作。現在も高知をベースに、自然風景や海などを中心に撮影している。写真展「煌めく水」(ポーラミュージアムアネックス)、写真集に「WAVES風の日々」(玄光社)、「美しい川」(小学館)、「NIYODOBLUE」(Bueno! Books)など。

担当業務
企画立案 編集 装丁 デザイン オペレーション 印刷
仕様

定価2,500円+税
A4変形判(横型)・168ページ・並製本
制作・印刷・発行:高知新聞総合印刷

TOPにもどる