WORKS実績紹介

高知県こども詩集『やまもも』第41集「一年分わらった」
企画本

高知県こども詩集『やまもも』
第41集「一年分わらった」

編集:高知県児童詩研究会

『やまもも』第41集の中の詩が教科書に掲載されました

販売中の高知県こども詩集『やまもも』第41集の中の詩が、小学校3年生の国語の教科書(東京書籍)に載りました。

掲載された詩は、室戸市羽根小学校の6年生、中原美咲さんが3年生のときに書いた詩。妹がしいてくれた、羽毛布団の気持ちよさが伝わってきます。

「羽毛ぶとん」

お正月に、おもちみたいな
ふかふかの羽毛ぶとんでねたよ。
妹がしいてくれた
ふかふかのふとんは、
まるでつきたてのもちのようだった。
ねるとふわふわと
気持ちがよかったよ。
上にのっかると、
プシュー
といって、ペタンコになった。
おもしろかった。
またやりたいな。

高知県こども詩集『やまもも』について

高知県こども詩集『やまもも』は、県内の学校で子どもたちが書いた詩が、教室の中だけでなくたくさんの人に読まれる「みんなの詩」になることを願って、1977年に発刊されました。以来、現在も毎年1冊発行しています。

一つ一つの詩に、子どもたちのありのままの姿、物事を真っすぐに見つめるみずみずしい感性があふれています。子どもの詩は、子どもの心・姿そのものです。言葉の中にある子どもの心の声に耳を傾けてみてください。

担当業務
編集 装丁 デザイン オペレーション 印刷
仕様

定価 1,429円+税
B5変型判・240ページ・並製本
発行:高知新聞社
制作・印刷:高知新聞総合印刷

TOPにもどる