土佐の植物暦(著者・小林史郎) 2020年9月12日発売。A5判・220ページ・並製本、1,800円+税

お電話・オンラインショップでもご注文承ります

葛島事業所 出版担当受付時間/ 9:00~17:30
(土曜・日曜・祝日休業)

高知新聞夕刊で連載されていた「土佐の植物日誌」の著者、
小林史郎さんによる高知の植物案内

「はじめに」より

ぼくは高知県に住んでいて、野原、海辺、森など
自然探検に出かけるのが楽しみです。
一つ一つの発見に胸がおどります。
この本は高知県の在来植物ばかりを紹介しています。
ある植物は特別な土にだけ育ち、世界でここにしか生えません。
鳥や昆虫の力を借りて実を結び、種をまく植物。
目に見えない微生物と結びついて栄養を得ている植物もいます。
すべてがつながって、ここに森があり野原があり、花が咲きます。
在来植物は風土にあったくらしをしていて、
ふしぎな命のいとなみを繰り返しています。
今年もまた、感動の季節がめぐってくるとワクワクしています。

小林 史郎

著者略歴

1970年生まれ。京都大学理学部・東京大学大学院卒、博士(理学)。専門分野は植物の分類学と繁殖生態学。2003年~2008年、高知県立牧野植物園で「高知県植物誌」の編纂を担当。2008年~2019年、高知新聞夕刊に「土佐の植物日誌」を連載(全3029回)。現在、天王予備校講師。土佐植物研究会会員。

土佐の植物暦 書影

筆者が長い歳月をかけて出会った、
高知県内の在来植物462種を収録。
身近な命のいとなみをお楽しみいただける一冊です。

持ち運びに便利な
A5サイズ

高知の在来植物
462種を収録

写真と解説文付きなので
植物の入門書に最適

POINT本書の見どころ

四季を彩る植物との出会い

春の訪れが早い高知県は、2月には春の花が咲き始めます。
この本では、植物の花や実の見どころに合わせて、春から順に月別(2月~1月)に紹介。各月では、海岸~平地~山地というように、標高の低いところから高いところという順番になっています。
それぞれの植物について、学名、科名、分布や特徴を写真とともに分かりやすく解説。
高知県内の2020年版レッドリスト掲載種も掲載しています。

小さな命から壮大な自然を感じる

紹介されている植物の中には、樹高10メートルというものもあれば、草丈5~20センチ、花の直径1センチという小さなものもあります。普段は見落としてしまいそうな小さな植物にも名前があり、花を咲かせ、たくましく生きています。
生きて種を残すために、虫に受粉してもらう植物は、花の色や蜜で虫をひきつけて花粉を運んでもらいます。このような植物と虫の関係にも、たくさんのふしぎがあります。

小さな足もとの植物の世界は、壮大な自然の世界へと広がっています。
身近な植物にぜひ目をとめてみてください。

「土佐の植物暦」を片手に高知の山や公園を散策してみました!

「土佐の植物暦」
山好き社員の散策レポート
No.13NEW

長かった梅雨が明けると連日の猛暑。いきなり夏本番ですね。この季節、「土佐の植物暦」は海辺で見られるさまざまな花を紹介しています。岩場、砂浜、河口、広大な海岸線を持つ高知県は海辺の植物も多彩です。まずは自宅からそう遠くない長浜の海岸へ。

なぜか新鮮

潮風、青空、海。水平線に白い雲がぽっかり。少年時代の夏休みを懐かしく思い出します。あのころは砂浜の植物に興味も関心もなかったのに「土佐の植物暦」を手に海岸を歩くと、見慣れた光景がなぜか新鮮です。

砂浜の堤防下を覆い尽くす緑の一帯。近づくと淡い青紫色の花が広がっています。本を見るとハマゴウでした。少し太めの固い茎が砂地をはうように群生。よく見ると既に花は終わって実を付けた茎もあります。

本では「果実には爽やかな香りがある。冬、乾いた果実を集めて枕の詰め物に使う」とありました。青い実を2~3個手に取って指先でつぶすと、ほのかな香りが―。いい感じです。冬になったらまた来てみよう。

大木の松林、健在

それにしても暑い。炎天下の砂浜でふと思い出したのが種崎の千松公園。そうだ!あの松林へ―。

何十年ぶりでしょうか。あのころと変わらない緑の木陰。内心、松食い虫の被害を心配していましたが、大木群は健在です。浜風に吹かれながら、しばらくベンチで涼んでいたら生き返ったような気持ちになります。

松林から砂浜へ変わっていく草地に細い花びらがモジャモジャの白い花が咲いていました。本で見覚えがあります。ハマオモトでした。別名「ハマユウ(浜木綿)」とも。ハマオモトの漢字表記には諸説あるようですが、そのうちの一つが「浜万年青」。葉っぱが一年中、青々としている「万年青(オモト)」に似ているからでしょうね。漢字を当てると名前の由来が分かり、いっそう親しみが増します。

歩いて気づく

海岸からの帰り道、奇妙な白い花を道端で見つけました。本で探すと、どうもキカラスウリらしい。花びらの先が細い白糸のような独特な形状です。車で通り過ぎるだけの道を歩くと、いろいろな花に気づきます。この日はオニユリ、ネムノキ、ヒルガオ、名前が分からない小さい花たちとも数多く出会うことができました。

「土佐の植物暦」
山好き社員の散策レポート
一覧

SAMPLE本書の一部をご覧いただけます

INFORMATION商品情報

書籍名 土佐の植物暦
著者 小林 史郎
発行 株式会社高知新聞総合印刷
出版年月日 2020年9月12日
判型・ページ数 A5判・220ページ・並製本
定価 1,980円(税込)

お電話・オンラインショップでもご注文承ります

葛島事業所 出版担当受付時間/ 9:00~17:30
(土曜・日曜・祝日休業)

TOPにもどる