土佐の植物暦(著者・小林史郎) 2020年9月12日発売。A5判・220ページ・並製本、1,800円+税

お電話・オンラインショップでもご注文承ります

葛島事業所 出版担当受付時間/ 9:00~17:30
(土曜・日曜・祝日休業)

高知新聞夕刊で連載されていた「土佐の植物日誌」の著者、
小林史郎さんによる高知の植物案内

「はじめに」より

ぼくは高知県に住んでいて、野原、海辺、森など
自然探検に出かけるのが楽しみです。
一つ一つの発見に胸がおどります。
この本は高知県の在来植物ばかりを紹介しています。
ある植物は特別な土にだけ育ち、世界でここにしか生えません。
鳥や昆虫の力を借りて実を結び、種をまく植物。
目に見えない微生物と結びついて栄養を得ている植物もいます。
すべてがつながって、ここに森があり野原があり、花が咲きます。
在来植物は風土にあったくらしをしていて、
ふしぎな命のいとなみを繰り返しています。
今年もまた、感動の季節がめぐってくるとワクワクしています。

小林 史郎

著者略歴

1970年生まれ。京都大学理学部・東京大学大学院卒、博士(理学)。専門分野は植物の分類学と繁殖生態学。2003年~2008年、高知県立牧野植物園で「高知県植物誌」の編纂を担当。2008年~2019年、高知新聞夕刊に「土佐の植物日誌」を連載(全3029回)。現在、天王予備校講師。土佐植物研究会会員。

土佐の植物暦 書影

筆者が長い歳月をかけて出会った、
高知県内の在来植物462種を収録。
身近な命のいとなみをお楽しみいただける一冊です。

持ち運びに便利な
A5サイズ

高知の在来植物
462種を収録

写真と解説文付きなので
植物の入門書に最適

POINT本書の見どころ

四季を彩る植物との出会い

春の訪れが早い高知県は、2月には春の花が咲き始めます。
この本では、植物の花や実の見どころに合わせて、春から順に月別(2月~1月)に紹介。各月では、海岸~平地~山地というように、標高の低いところから高いところという順番になっています。
それぞれの植物について、学名、科名、分布や特徴を写真とともに分かりやすく解説。
高知県内の2020年版レッドリスト掲載種も掲載しています。

小さな命から壮大な自然を感じる

紹介されている植物の中には、樹高10メートルというものもあれば、草丈5~20センチ、花の直径1センチという小さなものもあります。普段は見落としてしまいそうな小さな植物にも名前があり、花を咲かせ、たくましく生きています。
生きて種を残すために、虫に受粉してもらう植物は、花の色や蜜で虫をひきつけて花粉を運んでもらいます。このような植物と虫の関係にも、たくさんのふしぎがあります。

小さな足もとの植物の世界は、壮大な自然の世界へと広がっています。
身近な植物にぜひ目をとめてみてください。

「土佐の植物暦」を片手に高知の山や公園を散策してみました!

「土佐の植物暦」
山好き社員の散策レポート
No.7NEW

花一輪。さりげなく置かれた小さな花瓶に季節の花が絶えたことがありません。高知市郊外のある施設ではロビーの窓辺や階段、更衣室などいたる所に花が飾られています。
 施設のスタッフに聞くと、この施設を利用しているMさんが自宅の庭や近くの野山で摘んだ草花を生けてくれるそうです。
 驚いたことにMさんは「土佐の植物暦」を愛読しているというではありませんか。「ぜひお会いしたい」。施設スタッフの協力でしばらく後にお会いすることができました。
 というわけで今月は、山野草を愛してやまないMさんにお聞きした「私の植物暦」をレポートします。

16年間絶やさずに

―花を生け始めたのはいつ頃からでしょうか。

「施設がオープンした翌年からです」

―かれこれ16年近くになりますね。私もこの施設をよく利用しますが、いつもいつも季節の花があります。

「そうですね、週2回は入れ替えます。山野草は園芸品種と違い、日持ちしない花が多いですから」

―どんな思いで16年間も?

「子どものころから花が大好きでした。自分で花壇を作って好きな花を育てたり―。生活の中に花があると心が安らぎます。(施設の利用者から)花のことで声を掛けられると、ほんとにうれしい」

―生ける花は山野草が多いですね。

「そうです。華やかな花よりも、目立たなくてもよく見ると可憐、そんな花が好きです。小さな花が風に揺れているのはとても風情があり、愛おしくなります」

俳句の参考に

―本はどんな使い方をされていますか。

「(著者の小林史郎さんが)高知新聞の夕刊に連載していた『土佐の植物日誌』が楽しみで毎日、切り抜いていました。本になって写真がほんとにきれいです。私、俳句をするのですが、月別の暦になっているので季語を考えるときは、とても参考になります」

Mさんは庭や自宅周辺のあぜ道、近くの里山も案内してくれました。アケビ、ミツバアケビ、ルリハコベ、ヒメイカリソウ。庭も花壇も隅々まで手入れが行き届き、花を慈しむ暮らしをかい間見る思いがしました。

「土佐の植物暦」
山好き社員の散策レポート
一覧

SAMPLE本書の一部をご覧いただけます

INFORMATION商品情報

書籍名 土佐の植物暦
著者 小林 史郎
発行 株式会社高知新聞総合印刷
出版年月日 2020年9月12日
判型・ページ数 A5判・220ページ・並製本
定価 1,980円(税込)

お電話・オンラインショップでもご注文承ります

葛島事業所 出版担当受付時間/ 9:00~17:30
(土曜・日曜・祝日休業)

TOPにもどる